とるてのblog飯

ブログで生計を立てれるか検証してみる

スマホを使い過ぎると眼精疲労に?

f:id:tolteblog:20170624193647p:plain

私達の生活に欠かせないツールとして普及しているスマーフォン。

用もないのに暇つぶしで、延々と画面を見ながらスマホ使い過ぎてしまう事はあると思います。

 

特に目的もなくスマホをいじってしまう行動、それはスマホ依存症の可能性があります。

ちょっと時間があればスマホを見てしまい、トイレに行く時もスマホを持って言ってしまう。寝る間を惜しんでゲームやSNSに夢中になってしまう。会社や学校で家にスマホを忘れてしまうと1日中不安になったりと、自分で気がついていないだけでスマホ依存症になっている人は多いと思います。私もかなりのスマホ依存症でした(過去形

スマホ依存症が原因で私生活に多大な影響を与える事があります。実はスマホには脳や目に深刻なダメージを与えてしまう、ブルーライトが発せられています。過度なスマホいじりは、集中力の低下、眼精疲労、言語障害、記憶力低下を伴う認知症を引き起こす可能性があります。

スマホからは目にダメージを与えるブルーライトが出ている

f:id:tolteblog:20170624193801p:plain

PC、スマホタブレットの画面からはブルーライトと呼ばれる強い光が発せられています。

ブルーライトとは、波長が380nm〜500nmの領域にある青色光の事です。人間が眩しくない程度に直視できる光の中で最も強い光でもあります。スマホなどの液晶にはLEDディスプレイが使われており、LED照明からブルーライトが発せられます。LED液晶からでるブルーライトは、眼球の網膜にダメージを与える力を持っています。年齢が進むにつれ網膜が痛みやすくなり視力低下にも繋がります。

ブルーライトの光は角膜まで届くので長時間浴び続けると、眼精疲労や頭痛を引き起こします。人間にとって青い光は、目のピントを合わせるための筋肉に負担をかけます。特にスマホのLEDから発せられるブルーライトが一番放出量が高くなっており、スマホを1日6時間以上使う事で視力の低下や眼精疲労の可能性が高くなると言われています。

スマホ睡眠障害

f:id:tolteblog:20170624200853p:plain

人間は眠る時に「メラトニン」と呼ばれる眠気を誘うホルモンを分泌します。過度なスマホの使用でブルーライトを長時間浴びてしまうと、メラトニンが分泌されにくくなり、眠れなくなります。たっぷり寝ても、朝起きると体がスッキリしないのは寝る前のスマホいじりが原因でメラトニン不足で質の良い睡眠を取れていない事が考えられます。

ブルーライトを目から吸収すると体内リズムが乱れがちになります。本来は朝目覚めて太陽の光に含まれるブルーライトを浴びる事で人間は体内リズムを調整しています。

朝起きても、頭がぼーっとする人は寝る1時間前のスマホいじりを辞めると睡眠の質が良くなります。

疲れ目と眼精疲労

疲れ目とは、目が一時的に疲れている状態です。目を休ませる事で回復しますが、疲れを蓄積させていくと眼精疲労になります。

疲れ目解消には目薬も効果的ですが、目を暖めて冷やす事で短時間で解消する事ができます。

f:id:tolteblog:20170624201451p:plain

電子レンジで簡単疲れ目解消

軽く絞ったおしぼりを電子レンジで約40℃ほどに温め、目元から包み込みます。目を暖める事で筋肉の疲れや緊張をほぐし、リフレッシュさせます。暖めた後は冷たいおしぼりで目を冷やすと目元の筋肉が引き締まり、さらに効果的に目の疲れを取ってくれます。

スマホを使い過ぎると認知症

f:id:tolteblog:20170624201539p:plain

スマホを長年使い続けると、とある変化が起こります。その変化とはテキストの“読み飛ばし”です。ネット上には検索すれば色々な情報を引き出せる便利な物になっています。検索して出てくたサイトから必要な情報をだけを読む、“浅い読み”に知らないうちになっていませんか?長い文章を最初から最後まで読むのは時間がかかるので、意識しないと全文読む事は難しいです。スマホユーザーのほとんどが“浅い読み”だと言われています。

スマホにはマルチタスクと呼ばれる便利な機能があります。ネット、ゲーム、SNSyoutubeを瞬時に切り替える事ができ、効率的に色々な情報を得ているように思えますが、それが原因で一つの事に集中するのが困難になっていきます。

 

色んな情報を短時間で入手する事ができるので、自分で考える事をしなくなり、結果脳機能が低下し、言語障害、記憶力低下などの認知症を招きます。

私の眼精疲労体験談

私はスマホのゲームが大好きで、休みの日は1日中プレイしていました。仕事の日も睡眠時間を削ってまでプレイし、起きるのが辛く、起きたら1日中頭がぼーっとてして仕事に集中できず、さらには頭痛に悩まされていました。

ある日、目と眉毛の間あたりが強烈に痛くなり、立っているのもツラくなりました。あまりの痛さと目も霞んでいたのでとりあえず眼科を受診する事に。

診察の結果スマホの使い過ぎで仮性近視(視力が一時的に低下)と眼精疲労になっていました。スマホを控えるのと、眼鏡をかける事で視力が元に戻り、眼精疲労も完治すると言われそれからずっと眼鏡をかけています。それからスマホは控えるようにしています。

まとめ

スマホは便利で、色々な事ができますが使い過ぎると目や脳に影響がでるので注意したいです。目の疲れや常に頭がスッキリしない人はスマホの使い過ぎの可能性があるので、しばらく控えてみるのをおすすめします。しばらく経って目や頭の調子が良くなった場合、それはきっとスマホの使い過ぎが原因ですね。

スポンサーリンク